エストニア


エストニアの気候・風土

北欧の国エストニアは、海流の影響から北国でありながら比較的温かく穏やかな気候です。
四季が分かれており、11月から3月頃までの半年近く冬が続きます。
過ごしやすい時期は5~7月ですが、夏にあたる6~8月頃は気温が30℃を超えるときもあります。
冬の時期は内陸部は積雪がありますが、沿岸部ではそれほど積もりません。
夏至の頃は深夜近くまで明るく、冬は夕方には暗くなるという高緯度ならではの日照時間の変化が季節によって大きく見られる地域です。

旧ソビエト連邦諸国の中で、医療・衛生面が最も充実している国の1つがエストニアです。
英語が通じる医師や看護師は少なくなく、設備も日本や西欧諸国ほどの最新設備ではありませんが、基本的には十分な水準です。
ただし万一、病気や怪我の種類・程度でエストニア国内で対応不能になった場合は国外移送がありえ、高額な費用がかかります。渡航前に保険にも加入しておきましょう。


マダニに咬まれることで感染するダニ脳炎とライム病に注意が必要です。
森林地域に入る際には長袖・長ズボン・帽子・ブーツなどを着用し、肌を露出しないようにしてください。
ダニよけクリームなどを使用すると安心です。
ダニ脳炎に対しては事前のワクチンを接種が有効です。

その他にも注意しておきたい感染症は、破傷風B型肝炎狂犬病です。
これらには有効なワクチンがありますので渡航前に予防接種による対策をしておきましょう。

"


エストニアで注意すべき感染症

エストニアで注意すべき感染症は以下の通りです。

長期滞在で注意が必要な感染症

破傷風とは

破傷風の菌は日本を含む世界中の土壌の至るところに存在し、怪我をすると傷口から侵入し感染します。感染すると潜伏期間の後に口が開きにくい、首筋が張る、体が痛いなどの症状が出たのち、体のしびれや痛みが体中に広がり、けいれんを起こしたり呼吸困難になって死に至るケースもあります。 海外に長期間滞在する場合や切り傷などの怪我をしやすい場所に行く場合には事前に予防接種によって免疫をつけることが有効です。予防接種の抗体は10年程度で切れるため、最後の予防接種から10年以上経過している場合には接種が必要になります。

破傷風の症状や予防接種について

B型肝炎とは

B型肝炎は性行為や適切に消毒されていない医療機器の使用などで血液や体液を介して感染する感染症。発展途上国を中心に世界中で広く流行しておりアジア、アフリカ、南米などが高度流行地域です。 感染した場合は潜伏期間の後、倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなること)が起こります。皮膚発疹や関節の痛みが生じることがあります。 急性肝炎になると急性肝不全を起こし死に至ることもあります。また、慢性肝炎になった場合には長期にわたる治療を要し、最悪の場合は肝硬変や肝臓がんなどの命にかかわる病気を引き起こします。 B型肝炎の流行地域に長期間滞在する場合は予防接種によって免疫をつけることが必要になります。

B型肝炎の症状や予防接種について

狂犬病とは

狂犬病は世界中の多くの国や地域で発生する感染症で、症状が発症した後はほぼ確実に死に至ります。狂犬病ウイルスに感染した犬や猫、キツネ、アライグマ、コウモリなどの動物に噛まれた際、傷口からウィルスが侵入し感染します。 感染すると潜伏期間の後に発熱、頭痛、全身の倦怠感、嘔吐、傷口の痛み、痙攣などの症状が出て、最終的には死に至ります。発症してしまうと明確な治療法はないため、海外に長期間滞在する場合や感染の可能性のある動物と触れる機会のある方には事前に予防接種によって対策することをおすすめします。

狂犬病の症状や予防接種について

麻しん(はしか)とは

麻しん(はしか)は日本を含む世界中に存在する感染症です。麻しんウィルスは非常に感染力が強く、空気感染や咳、くしゃみなどによる飛沫感染、接触感染をします。マスクや手洗いだけでは予防することはできないと言われています。感染すると10~12日の潜伏期間の後に発熱、咳、鼻汁、目の充血、発しんなどの症状が出ます。肺炎や脳炎になるケースもあり、1000人に1人程度は死亡すると言われています。 麻しんは非常に感染力が高いため、海外渡航中に発症した場合は感染拡大を防ぐために本人および同行者の移動は厳しく制限されます。そのため、いままでに2回の定期予防接種を受けて麻しんに対する免疫をつけていることが非常に重要になります。いままでに2回の予防接種を受けていない方、または予防接種回数が不明な方は予防接種を受けることをおすすめします。(1979年から1987年生まれの日本人は麻しん予防接種を受けていない方が多いことがわかっており、ワクチン接種が推奨されています)

麻しん(はしか)の症状や予防接種について

風しんとは

風しんは日本を含む世界中に存在する感染症です。風しんウィルスは非常に感染力が強く、咳、くしゃみなど飛沫感染で人から人へ感染が広がります。感染すると2~3週間の後に発熱、発しん、リンパ節の腫れなどの症状が出ます。脳炎や血が止まらなくなる血小板減少性紫斑などの合併症を発症する場合もあります。また妊娠20週ごろまでの妊婦が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる子供が先天性風しん症候群(眼や心臓、耳などに障害を持つ)を発症する可能性があります。 風しんは非常に感染力が高いため、海外渡航中に発症した場合は感染拡大を防ぐために本人および同行者の移動は厳しく制限されます。いままでに2回の予防接種を受けていない方、または予防接種回数が不明な方は予防接種を受けることをおすすめします。(日本では1967年から1987年生まれの男性および1979年から1987年生まれの女性は風しん予防接種を受けていない方が多いことがわかっており、ワクチン接種が特に推奨されています)

風しんの症状や予防接種について