英国


英国の気候・風土

イギリスは北海道よりも北の位置にありますが、冬は北海道ほど冷え込みません。梅雨もありますが、降雨量は日本よりも少ないです。
1日の気候が変わりやすいのが特徴で、天気がいいと思っても急に強い雨が降ることがあります。雨が降ると気温が下がるので、夏でもカーディガンなどが必要になるでしょう。

イギリスにも日本と同じように四季があります。3~5月は春ですが、寒い日も多く、早朝に霜が降りることもあります。
6~8月には気温が高くなり30℃以上になることもありますが、乾燥しているため比較的しのぎやすいです。
9~11月は気温が下がり雨の日が増えますが、1日中降り続くことはあまりありません。
12~2月は曇りや雨の日が多くなり、気温も下がります。北部では積雪がありますが、南部では雪が積もることはほとんどありません。

英国の水道水はそのまま飲んでも問題ありませんが、日本の水道水に比べると石灰分が多い硬水なので、人によってはお腹がゆるくなることがあります。
また、地域によっては配水管や貯水タンクに問題がある可能性もあるので、そのような地域ではミネラルウォーターを購入するのがいいでしょう。
食品から感染症になることはあまりありませんが、集団食中毒の報告もあるので、野菜は良く洗ってから使用する必要があります。

また、卵は低温殺菌処理されていないため、生食するとサルモネラ菌による食中毒になる危険があります。その他には、3月から9月頃にかけては芝花粉(Grass pollen)による花粉症に悩まされる人も多いです。

イギリスで注意すべき感染症は、B型肝炎破傷風などです。
B型肝炎は主に感染者との性交渉によって感染しますので、渡航先で性的接触のある方は感染の恐れがあります。また医療機関などで治療を受けた際に注射器などから感染する場合も考えられます。
破傷風は、傷口に破傷風菌というウイルスが入ることで発症し、重篤な場合は死に至るケースもあります。これらの感染症はすべて予防接種がありますので、イギリスに渡航する際は事前にこれらの予防接種は受けておきましょう。


英国で注意すべき感染症

英国で注意すべき感染症は以下の通りです。

長期滞在で注意が必要な感染症

破傷風とは

破傷風の菌は日本を含む世界中の土壌の至るところに存在し、怪我をすると傷口から侵入し感染します。感染すると潜伏期間の後に口が開きにくい、首筋が張る、体が痛いなどの症状が出たのち、体のしびれや痛みが体中に広がり、けいれんを起こしたり呼吸困難になって死に至るケースもあります。 海外に長期間滞在する場合や切り傷などの怪我をしやすい場所に行く場合には事前に予防接種によって免疫をつけることが有効です。予防接種の抗体は10年程度で切れるため、最後の予防接種から10年以上経過している場合には接種が必要になります。

破傷風の症状や予防接種について

B型肝炎とは

B型肝炎は性行為や適切に消毒されていない医療機器の使用などで血液や体液を介して感染する感染症。発展途上国を中心に世界中で広く流行しておりアジア、アフリカ、南米などが高度流行地域です。 感染した場合は潜伏期間の後、倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、黄疸(皮膚や目の白い部分が黄色くなること)が起こります。皮膚発疹や関節の痛みが生じることがあります。 急性肝炎になると急性肝不全を起こし死に至ることもあります。また、慢性肝炎になった場合には長期にわたる治療を要し、最悪の場合は肝硬変や肝臓がんなどの命にかかわる病気を引き起こします。 B型肝炎の流行地域に長期間滞在する場合は予防接種によって免疫をつけることが必要になります。

B型肝炎の症状や予防接種について

麻しん(はしか)とは

麻しん(はしか)は日本を含む世界中に存在する感染症です。麻しんウィルスは非常に感染力が強く、空気感染や咳、くしゃみなどによる飛沫感染、接触感染をします。マスクや手洗いだけでは予防することはできないと言われています。感染すると10~12日の潜伏期間の後に発熱、咳、鼻汁、目の充血、発しんなどの症状が出ます。肺炎や脳炎になるケースもあり、1000人に1人程度は死亡すると言われています。 麻しんは非常に感染力が高いため、海外渡航中に発症した場合は感染拡大を防ぐために本人および同行者の移動は厳しく制限されます。そのため、いままでに2回の定期予防接種を受けて麻しんに対する免疫をつけていることが非常に重要になります。いままでに2回の予防接種を受けていない方、または予防接種回数が不明な方は予防接種を受けることをおすすめします。(1979年から1987年生まれの日本人は麻しん予防接種を受けていない方が多いことがわかっており、ワクチン接種が推奨されています)

麻しん(はしか)の症状や予防接種について

風しんとは

風しんは日本を含む世界中に存在する感染症です。風しんウィルスは非常に感染力が強く、咳、くしゃみなど飛沫感染で人から人へ感染が広がります。感染すると2~3週間の後に発熱、発しん、リンパ節の腫れなどの症状が出ます。脳炎や血が止まらなくなる血小板減少性紫斑などの合併症を発症する場合もあります。また妊娠20週ごろまでの妊婦が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる子供が先天性風しん症候群(眼や心臓、耳などに障害を持つ)を発症する可能性があります。 風しんは非常に感染力が高いため、海外渡航中に発症した場合は感染拡大を防ぐために本人および同行者の移動は厳しく制限されます。いままでに2回の予防接種を受けていない方、または予防接種回数が不明な方は予防接種を受けることをおすすめします。(日本では1967年から1987年生まれの男性および1979年から1987年生まれの女性は風しん予防接種を受けていない方が多いことがわかっており、ワクチン接種が特に推奨されています)

風しんの症状や予防接種について